2006年03月28日

≪INT関数≫

INT関数は、指定された数値よりも小さくて、最も近い整数を返します。

    書式)  =INT(数値)

 情報処理試験では  =整数部(数値) のようにあらわされます。

例┃題┃ ワークシートに、例題を再現します。
━┛━┛−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ある展示会場の子供用チケットの価格は、大人用チケットの
価格の半額と決められており、10円未満の端数は四捨五入する。
セルC2に入力した式は、セルC3、セルC4に複写する。

下の 【ここから】↓〜↑【ここまで】をドラッグし選択(黒く反転)します。
選択した範囲の上で[右クリック]/[コピー]


【ココから】
   ↓


展示会名;大人料金;子供料金
絵画展1;1,500;=INT(B2/20+0.5)*10
写真展;1,250
絵画展2;735


   ↑
【ココまで】


【エクセルを起動】して、新規シートのセルA1に貼り付け。


[メニュー]/[データ]/[区切り位置]
○カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに
区切られたデータをチェックし、[次へ]をクリック。

区切り文字 □セミコロン だけをチェック(あとのチェックは外す)
[完了]

これで、ワークシートに例題が転記できました。

セルC2に入力した式を、セルC3、セルC4に複写する。
フィルハンドルで簡単にコピーできますね?!

------------------------------------------------------
「給料日が来た」ホッとした。「支払いを済ませた」ぞっとした!
子どもの塾代、進学、住宅ローン・・・増え続ける支払い。。。
普通に働き、普通に暮らし、普通に借金し・・・普通の生活。
 http://winsome.sakura.ne.jp/nrt/itt/new.htm
普通の主婦からプチ・セレブヘ〜彼女に何が起こったのか?
------------------------------------------------------

解┃説┃
━┛━┛−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

セルB2の値を2で割れば子供料金が出る事になる。(=X)とする。
Xは、10円未満の端数を含んでいるので、単位を10円にするため
10で割って、0.5(ココでの0.5は、5円の意味)を足す。
             →四捨五入をするので5入の補数5を足す
整数部を取って(これで四捨五入される)、10倍する(1円単位に戻す)

よって式は、 

    =INT(X/10+0.5)*10 

X=B2/2を代入する。

    =INT(B2/20+0.5)*10


今後も、なるべく、例題と共に解説したいと思っています。
そうなると、今日みたいに、みょぉ〜〜に「数学的」になって
しまうんですよね。

でも、式の内容は理解する必要ないです!(笑)

んじゃ、どうすればイイか?!?!
このブログをプリントアウトして取って置いてください♪
で、必要になったら、この式を参考にしてね♪
posted by sally at 22:58| 東京 ☁| Comment(0) | 数学/三角 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。